シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネオレストで水漏れが発生!原因と修理代金は?

スポンサーリンク

タンクレストイレ-ネオレスト

先日、トイレ掃除の時に、我が家の1Fにある、タンクレストイレ(TOTO ネオレスト)から、水が漏れているのを発見しました。

それほど酷いわけではないですが、そのまま放置しているわけにもいかないので、TOTOのウェブサイトから修理依頼をしました。

今回は、我が家のネオレストの水漏れの原因と、修理代金についてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

水漏れ箇所

まず我が家のネオレストの正式な型番は、「ネオレストD1 TCF9563/J」という約10年ほど前のタンクレストイレとなります。

水が漏れていた箇所は、トイレに向かって左後方でした。

ネオレストの水漏れ

上記写真の床が濡れているのが分かると思います。

そして、その床の丁度上には、下記のパーツがあり、そこから水が漏れているのがわかりました。

ネオレスト_バルブユニット

ネオレストの水漏れ原因はバルブユニット?

ネットで、「ネオレスト 水漏れ」で検索すると、バルブユニットというキーワードが多く見られ、どうも先ほど紹介したパーツがバルブユニットなのでは?と思いましたが、業者でもないので、確信は持てませんでした。

このバルブユニットというパーツは、ウォシュレットに関する部材の一つのようです。

ウォシュレットは大体7年から10年ほどで、何かしらが故障するという情報もあったので、我が家も住み始めて丁度10年目なので、そろそろ寿命だったのかもしれません。

TOTO の修理依頼方法

TOTO への修理依頼は、電話は8:00~19:00の間で、インターネットであれば、365日受付対応しています。

以下のサイトから申し込みが可能です。

⇒《TOTO 修理受付センター》

私はネットから修理申し込みを行いましたが、型番や水漏れ箇所の写真などを添付するだけで、簡単に申し込む事ができました。

翌日には、TOTOの修理受付センターの方から、確認の電話がありました。

水漏れの原因は、やはりバルブユニットだった!

TOTOメンテナンスの方に見てもらったら、やはり原因はバルブユニットの故障でした。

TOTOネオレスト_バルブユニット

バルブユニットの寿命は大体10年ほどらしく、我が家もちょうど築10年目なので、今回の故障は既定路線だったようです。

修理代金は?

気になる修理代金ですが、以下が今回の明細書になります。

部品代や作業費用、訪問料金などを合算して、12,600円(税別)でした。

バルブユニットの交換料金は、全国一律料金らしいので、一部の離島などを除いては、12,600円(税別)になると思います。

ちなみに、バルブユニットの型番はTCH785N です。

まとめ

今回の我が家と同じように、築年数が10年近く、便器に向かって左後方で水漏れが発生している場合の多くは、バルブユニットの経年劣化による故障が考えられるようです。

ウォシュレットの交換寿命は約10年のようなので、まだ新築の方もこれから家を建てられる方も、予め頭の片隅に入れておいてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする