シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建築予算を超えた場合のコスト削減のポイント

スポンサーリンク

電卓

理想の間取りや憧れのキッチンなど、「あれも、これも」と要望を出して、いざ見積もりをもらうと、当初の予算を大幅にオーバーしていたという事は、よくある話です。

しかし、できるだけ妥協をせず、良い家を手に入れたいと思うのは、誰でも皆同じでしょう。

今回は、建築予算を超えた際に、削減するポイントについて、お話しします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の希望とする項目を、順にまとめて見る

玄関を広くしたい、縁側が欲しい、○○製のキッチンが欲しい、部屋は何部屋欲しいなど、人それぞれ希望としている物は違うと思いますが、まずは、自分が希望している項目を、体系的にまとめて優先順位を付けてみましょう。

こうする事で、優先順位の低い項目の導入を辞める、若しくはグレードを落とすことで、コストがどれだけ下がるのか確認してみると良いと思います。

扉の形状でも、コストダウンは図れる

扉には大きく分けて2つあります。

框ドアとフラッシュドア

◆框ドア

框ドアとは、四方の枠の中に一枚版などの厚めの板が差し込まれている形状の事を指します。

見ての通り、ズッシリとし重厚感があるので、見た目も格好良いのが特徴です。

デメリットは値段が高い事です。

上記は、我が家のある一室の写真ですが、框ドア1室分のコストでフラッシュドアなら2室分造れる程でした。

大体、フラッシュドアの倍はします。

◆フラッシュドア

フラッシュドアとは、以下の写真の様に、合板などを張り合わせて作られたドアの事で、最大のメリットは、安い事です。

その代わり、框ドアと比較すると、重厚感がなく少しチープな印象があります。

また、合板を貼り合わせているので、框ドアに比べて接着剤の使用量が多いため、ホルムアルデヒドなどの健康被害を気にされる方は、敬遠される場合があります。

当初、重厚感のある框ドアの憧れていたので、あらゆる部屋のドアを框ドアで見積もっていましたが、当然予算オーバーになっていました。

なので、玄関から入って最初の部屋のドアだけを框ドアにして、その他のドアは全てフラッシュドアにしました。

駐車場や庭は、専門業者に依頼した方が安くできる

通常ハウスメーカーは、家の建築に関わる部分は、全て自社若しくは下請け会社に依頼をするので、「屋根は何処何処で」とか、「水回りは何処何処で」など、建築主の要望は受けてくれません。

しかし、駐車場と庭に関しては、後から何とでもなるので、ハウスメーカーに一括でお願いする必要はありません。

そもそも、ハウスメーカーの仕事は、全体の工事スケジュールを監督する事であり、大工仕事、水回り仕事など、各仕事は下請け会社が行います。

なので、庭や駐車場も下請け会社が工事を行うので、ハウスメーカーを通すとハウスメーカーの粗利分高く請求されます。

なので、庭や駐車場など、建物の建築以外は、専門業者に直接お願いした方が、確実に安くなります。

間取りか設備のどちらかを妥協するなら、設備にした方が良い

部屋の数、部屋のサイズ、玄関の大きさ、縁側の有無など、間取りに関わる事は、一度その間取りで建ててしまうと、後から変更するのは、相当お金を掛ければできるかもしれませんが、実質不可能に近いです。

しかし、キッチンやトイレ、給湯器などの住宅設備に関しては、リフォームで後から何とでもなります。

例えば、キッチンなんかは妥協してグレードを落としても、不満に思うのは最初の頃だけで、長く住んでいれば、いつしか不満も忘れてしまうものです。

しかし、部屋の数や玄関のサイズなど、間取りに関わる事は、不満がいつしか後悔に変わる可能性が非常に高いです。

従って、コスト削減で、間取りか設備のどちらかを妥協する場合は、設備のグレードを落とした方が良いでしょう。

タンクレストイレを、タンク有トイレに変更すればコストは落ちる

先日、トイレの選定に関する記事内でもお話ししましたが、タンク有トイレはタンクレストイレよりも安いので、タンクレストイレで見積もりをしている場合は、タンク有トイレに変更する事で若干コストを下げられることでしょう。

トイレの選定は、スタイル別の長所短所を理解した上で決めよう
以前、トイレは2ヶ所以上設置をすべき、という記事を紹介しました。 今回は、最適なトイレを選ぶ為に、それ...

確かに見た目はタンクレストイレが良いですが、どちらもメリット・デメリットがあるので、タンク有トイレでも生活する上では、特に不自由は感じていません。

まとめ

  • 希望する項目を体系的にまとめ、優先順位をつける
  • 框ドアよりもフラッシュドアの方が安い
  • コスト削減で、間取りか設備で迷ったら、設備にした方が良い
  • タンクレストイレをタンク有トイレに変更する事で、コストを落とす事が可能
  • 庭や駐車場は、ハウスメーカーに依頼するよりも、専門業者に直接依頼する方が安く仕上がる

間取りに関する妥協は、後々不満から後悔へと変わるので、設備のグレードを少し落とすなどして、コストの削減を行いましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする