シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水漏れトラブルに注意!エアコンのドレンホースを壁の中に埋め込む際に注意する事

スポンサーリンク

エアコンのドレンホース

そして、ネットで安く購入したエアコンを、親戚(業者)に取り付けてもらいました。

最初の3年間ほどは何もトラブルはなかったのですが、4年目頃のある夏に、エアコンから水がポタポタと落ちてくる事象が発生しました。

インターネットで調べると、同じ様な問題に遭遇した方が何にもいて、問題を解決するには業者を呼ぶしかないとのことだったので、ドレンホースの施工をした業者に来てもらい、問題は一旦解決しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドレンホースに汚れが詰まった事が、水漏れの原因だった

それから2年後にも、再び水漏れが発生したので色々調べてみると、ドレンホース内部に汚れが詰まっている事が原因だと分かりました。

問題を解決するには、ドレンホース内部の汚れを取り除くしかないのですが、その度に業者を読んでいるとお金もかかるので、ネットで調べると、ドレンホースクリーナーという物を見つけました。

よしっ!これや!!と思いサイズなどを色々調べていると、一つ問題が・・・

壁外に出ているパイプと地面の間にあまり隙間がないため、ドレンホースクリーナーは使えそうになかったのです。

さあ、どうしよう??と思い、色々調べて見ると、エスコのドレンクリーナーという物を見つけました。

これなら、パイプと地面の隙間も関係がないので、早速購入し壁外のパイプから挿入し、ドレンホース内部を掃除すると、見事に水漏れが改善しました。

ドレンホースを壁内に施工する際は、勾配に注意すること

ではなぜ、ドレンホース内部に汚れが詰まるのかというと、ドレンホースを施工する際の勾配に問題があるからなのです。

エアコンの結露水は、ドレンホースを通して排水する際に、埃なども一緒に排出しています。

この時、ドレンホースの勾配が上手くなっていなかったり、ホースの一部がたわんでいたりすると、そこに汚れが詰まるため、水が逆流してしまうのです。

施工業者には、水が逆流するような事がないように、事前に伝えておく

施工業者もプロなので、当然このようなトラブルは知っているはずですが、中には速く仕事を済ませようとするあまり、仕事が雑になる業者もいると思います。

業者の方には、ちょっと”うっとうしい”と思われるかもしれませんが、この様な事例がある事を事前に伝えておき、業者に注意を促しておくと良いと思います。

まとめ

  • エアコンのドレンホースの施工は、勾配が上手くとれていないと、後々水漏れのトラブルが発生する。
  • 水漏れを改善するには、業者を呼ぶか、ドレンホースクリーナーで詰まりを解消するしかない。
  • 施工業者には、予め工事前に「ドレンホースに汚れが詰まるような事がないように!」と伝えておくこと。

ドレンホースの詰まりが原因で起こる、エアコンの水漏れトラブルは、比較的多くのご家庭で起こる問題です。

後々、トラブルに見舞われないためにも、業者さんには丁寧な仕事をしてもらいましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする