シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレは最低2ヶ所設置するべき3つの理由

スポンサーリンク

トイレ

2階建て住宅の場合、大抵の方はトイレを各階1ヶ所ずつ設置をする間取りで計画されると思いますが、予算の関係上1階だけの設置にプラン変更をするか悩まれる方もいると思います。

結果から先に言うと、今まで住んでみた経験上、トイレは各階に設置すべきだと思います。

今回は、各階にトイレを設置した方が良い、3つの理由について紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1戸建て住宅は、アパートで住んでいた感覚とは違う

まず、コスト削減の為にトイレを1階だけに変更する時の心境として、「アパートではトイレは1ヶ所だったから問題ないだろ」とお考えの方もいるかもしれませんが、1戸建てで暮らしていくと、アパート暮らしの時と生活感は全く変わってきます。

間取りの問題や、変化していく家族構成を考えると、トイレが1ヶ所だけでは、色んな不都合が起きる可能性が考えられます。

トイレを最低2ヶ所設置するべき3つの理由

私が、これまで住んできた経験上、トイレを複数設置するべき3つの理由について、説明します。

わざわざ1階に降りる必要がない

トイレが1階にしかない場合は、例えば寝室が2階にあるとすると、夜トイレで目が覚めるたびに、わざわざ1階に降りなければなりません。

他にも、書斎が2階にあり、休日になると書斎に籠る方も多いと思いますが、そんな場合もトイレの度に、1階に降りなければなりません。

また、最近2階にもトイレがあって良かったぁ~と思った事は、子供達が小学生になると、家に友達が遊びに来ることが多くなります。

そうなると、2階の子供部屋で遊ぶので、遊んでいる時に当然トイレに行くこともあります。

2階にトイレがあれば、子供達は2階のトイレを使うので、1階には下りてきません。

もし、1階にしかなければ、階段を頻繁に上り下りされ、バタバタうるさいので、結構嫌になると思います。

そしてもう一つ、嫁の友達が遊びに来て、1階のリビングで談笑したりする事がありますが、私は特に面識があるわけではないので、そんな場合は2階の書斎で寛いだりしています。

嫁の友達と言っても面識がない人にわざわざ挨拶するのも、面倒と感じる人もいると思いますが、トイレが1階にしかないと、トイレの度に1階に下りないといけないので、嫌でも挨拶程度は交わさないといけませんよね。

これも、2階にトイレがあれば、1階に下りる必要はないので、特に気にする必要がなくなります。

家族が増えても、トイレの混雑が緩和できる

私自身、マイホームを購入した時の家族構成は、嫁と1歳の長男の3人家族でした。

あれから10年が経った今では、子供は3人になり、全員が小学生となっています。

全員小学生以上になると、朝起きる時間も同じなので、毎朝トイレ渋滞が必ず発生します。

トイレが2ヶ所あるので、それほど混雑する事はないですが、これが1ヶ所しかないと考えると・・・

各階のトイレの便座は、暖房式にした方が良い

しかし、トイレが2ヶ所ある我が家でも、当初困った事がありました。

それは、暖房便座が1階のトイレにしかなかったことです。

2階のトイレは普通便座の為、冬になると皆使いたがらなくなってしまい、冬の間だけは1階のトイレが毎朝混雑していました。

さすがに、毎朝混雑するのは嫌なので、2階のトイレも温水式便座に変更しました。

できれば、各階暖房便座にしておくことを、強くおすすめします!!

トイレが故障した場合に困らない

最後に、トイレが故障した場合、1ヶ所しかなければ、とても困る事になります。

以下、主なトイレの故障事例を挙げておきます。

  • トイレが詰まってしまう。
  • 水が止まらず、便器から水が溢れ出る
  • 電気系統の故障

我が家で上記に挙げた3つの事例全てを経験しました。

しかも、全て1階のタンクレストイレです。

この時は、業者が来るまでの間2階のトイレを使用していたので、大事には至りませんでしたが、もしトイレが1階にしかなかったら、大変な事になっていたと思います。

どうしてもコストの削減が必要な場合は、トイレのグレードを見直してみる

トイレにも様々なタイプやグレードがあり、価格の幅広くなっています。

例えばTOTOなら、タンクレスのネオレストシリーズは、26万ほどから40万円近くするタイプもあります。

タンク有タイプのピュアレストシリーズなら、18万円ほどから選ぶことができます。

確かにタンクレスモデルは、見た目がスタイリッシュで、連続で水を流す事ができるなど、メリットもありますが、タンクレスに拘ってトイレを1つにするのであれば、タンク有タイプで2ヶ所設置した方が、後々後悔する事はないと思います。

まとめ

  • 寝室、書斎、子供部屋が2階にある場合は、休日は2階中心の生活になる事がある。
  • 2階にもトイレがあれば、トイレの度にわざわざ1階に下りる事はない。
  • 2ヶ所以上トイレがあると、毎朝トイレ渋滞になるのを緩和する事ができる。
  • 便座は、各階共に暖房便座にしておく方が良い。
  • 2ヶ所以上トイレがあると、故障した時に困る事はない。
  • 将来の家族構成を見据えて、トイレの設置数を考える。

トイレが1ヶ所しか無いために、毎朝トイレ渋滞が発生し、その事が原因で子供同士が喧嘩したりする事もあるので、可能な限りトイレは2ヶ所以上設置する事をおすすめします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする