シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁材は種類と特徴を理解し、数年後のメンテナンスを考えて選定しよう

スポンサーリンク

外壁とメンテナンス

外壁材は、家の見た目の第一印象にも関係してくる、とても重要な箇所となってくるので、ついデザインだけで選びがちです。

一口に外壁材と言っても、さまざまな種類の外壁材が存在し、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

私の経験上、外壁材の選定は、将来的なメンテナンス性に優れているか?が、最も重要なポイントだと考えています。

今回は、外壁材の種類と、それぞれのメリット・デメリットなどについて、ご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

主な外壁材の種類

外壁材にも色んな種類がありますが、一般的には以下の外壁が使われています。

  • 窯業系サイディング
  • 金属サイディング
  • 外壁タイル
  • ALC外壁
  • ガルバリウム鋼板
  • 塗り壁(漆喰など)

大手ハウスメーカーの住宅で圧倒的なシェアを持っているのが、窯業系サイディングで、逆にガルバリウム鋼板や塗り壁は、ハウスメーカーではほとんど使われておらず、デザイナーズ住宅や設計事務所が手掛ける住宅で良く使われています。

それぞれのメリット・デメリットについて

外壁にも、コスト面や耐久性など、それぞれにメリット・デメリットがあります。

以下、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

種類 メリット デメリット
窯業系サイディング デザインが豊富
工期が短い
価格が安い
耐火性が高い
シーリングの劣化
蓄熱性が高い
金属サイディング 耐震性が高い
防水性が高い
断熱性が高い
錆びやすい
外壁タイル メンテナンスが楽
耐久性が高い
高級感がある
価格が高い
施工方法によっては、剥離・剥落する場合も
ALC外壁 工期が短い
耐久性が高い
断熱性が高い
耐火性が高い
遮音性が高い
価格が高い
シーリングの劣化
防水性が低い
ガルバリウム鋼板 耐久性が高い
錆びにくい
耐震性が高い
施工費が高い
断熱性能がない
外観に賛否が分かれる
塗り壁 自由な模様を作れる
継ぎ目がない
シーリングのメンテナンスが不要
施工費が高い
耐用年数が低い
メンテナンスが必要

どれも一長一短ですが、耐用年数が高い外壁は、外壁自体の価格が高かったり、施工費が高い傾向にあります。

 一般的な外壁は、10年を超えるとメンテナンスが必要になる

サイディングであれば、シーリング材が劣化しますし、塗り壁であればひび割れが生じる事があります。

いずれの外壁であっても、一生メンテナンスフリーという外壁は存在しません。

その中でもメンテナンス費用が比較的抑えやすい外壁を選びたいところですね。

将来的な事を考えると、耐久性に優れたガルバリウム鋼板や、ALC外壁がおすすめ!

大手のハウスメーカだと、大抵は窯業系サイディングになりますが、もし外壁を選択できるのであれば、耐久性に優れたガルバリム鋼板やALC外壁にしたいところです。

ただし、耐久性が優れているといっても、ガルバもALCも繋ぎ目のシーリングが劣化するので、築10年ほど経てば、シーリングのメンテナンスは必要になってきます。

まとめ

大手ハウスメーカーをはじめ、日本の住宅の7割以上が窯業系サイディングの外壁と言われています。

コストを優先すれば、窯業系サイディングに分がありますが、メンテナンス性や耐用年数など、機能面で選ぶと、外壁タイルやALC外壁、ガルバリウム鋼板などがおすすめです。

ただし、外壁単価や施工費は高くなります。

それぞれ一長一短はありますが、外壁にコストを掛けられるのであれば、なるべくメンテナンス性に優れた外壁をおすすめします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする