シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新築か中古住宅か?家を購入する前に知っておきたい、メリットとデメリット

スポンサーリンク

新築か中古住宅か?

誰しもが、マイホームと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、新築住宅ではないでしょうか??

確かに、注文住宅であれば間取りや設備など、予算を許す限り自分のオリジナルの家を建てる事ができるので、お金に余裕があれば、是非とも注文住宅を選びたいところですが、私自身、現実的な事を考えると、中古住宅でも良いのでは?と、新築の家に暫く住んでから思った事があります。

今回は、マイホームの計画を始めた方、始める前の方に是非、新築と中古住宅のメリットとデメリットについて、知っておいてもらおうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新築(注文住宅)と中古住宅、それぞれのメリットとは?

それでは、新築と中古住宅、それぞれのメリットについて紹介します。

ここでは、主に新築=注文住宅として、お話します。

間取りや設備など、自由に選ぶことができる注文住宅

私自身、注文住宅で家を建てて、約10年程住んでいますが、注文住宅の特徴って何があるだろう??と考えてみると、正直中古と比べてメリットの数は少ないんじゃないかな??って思っています。

それでも、私が思うメリットを列挙します。

キッチン、お風呂、トイレなどの設備関連から、間取りに至るまで、予算を許す限り、自分の想うがままの家を造れる事

「自分の想う理想的な家を建てたい」と思った場合、中古住宅では叶えられない願いでもあるので、注文住宅を選ばれる方の多くが、これが理由ではないでしょうか?

正直この特徴だけで、注文住宅のメリットが集約されている気もします。

前入居者の事を考えなくても良い

私の義理の姉夫婦は、中古住宅に住んでいますが、入居当初は前入居者がどんな人だったのか?周りとの人ともめ事がなかったのか?どういった経緯で売りに出したのか?など、結構気にしていましたが、新築だとその様な事を気にする必要はありません。

まあ、これもメリットですね。

見栄を張れる

中古住宅に比べると、やはり周りから見られる目は良いですね。

なので、良いか悪いかは別として、見栄を張れるのは確かだと思います。

ワンランク上の広さであっても、お手頃で購入できる中古住宅

私が、マイホームの計画をしていた頃は、新築以外の選択肢はほとんど考えていませんでしたが、10年経って冷静に考えてみると、今の自分であれば中古物件を選ぶかなぁ・・・と思います。

間取りを自由に決めたりはできませんが、それ以外であれば新築以上にメリットが多いと思います。

価格がお手頃である

中古住宅の最大の特徴と言っても良いのが、新築に比べて価格が安い事でしょう。

新築では、予算的に建てることができない広さの家でも、中古住宅であれば可能な場合があります。

また、広さなどにあまり拘らなければ、築年数がそれほど経過していない家でも、1,000万台で購入する事ができます。

築年数にもあまり拘らなければ、1,000万円を切る家も、普通にあります。

価格が安いという事は、住宅ローンの負担も軽く済むので、家計的にも楽になります。

家を購入して、後悔する人の多くは、後々圧し掛かる住宅ローンの負担です。

家計の負担を軽くできる事は、最大のメリットと言えます。

キッチンなどの設備面は、制約があるもののリフォームで交換が可能

注文住宅のメリットで、キッチンなどの設備を好きな物にする事ができると挙げましたが、中古住宅でも、間取りなどの関係で制約はあるものの、自分の好きな設備にリフォームする事もできます。

全ての設備をリフォームしてしまうと、それだけ価格も高くなってしまいますが、ここだけは拘りたいと思う箇所に関しては、リフォームで対応する事も可能です。

特定の箇所だけをリフォームしても、新築よりかは安くなります。

新築と中古住宅、それぞれのデメリットとは?

ここまでは、それぞれのメリットについて話してきましたが、次にそれぞれのデメリットについても考えていきましょう。

新築は価格が高額なため、長期に渡り住宅ローンの返済が待っている

中古住宅のメリットにも挙げましたが、中古住宅の最大のメリットは、価格がお手頃なので、住宅ローンの負担を軽減できる事でしたよね。

その逆で、新築の場合は、価格が高いため、ある程度の頭金がない場合は、30年・35年などの長期間の住宅ローンを組む必要があります。

仮に、30歳の時に35年のローンを組んだとすると、返済を終えるのは65歳なので、定年までローンを返済し続ける必要があります。

この間、子供の進学や結婚など、さまざまなイベントが控えている中で、毎月の返済は、かなり家計を圧迫します。

長期に渡る住宅ローンの返済こそ、家を建てた多くの方が感じているデメリットと言えるでしょう。

間取りの変更が効かないなど、自由度が限られる

私が思う、中古住宅の最大のデメリットが、間取りの変更が出来ない事です。

既に出来上がっている家なので、仕方ないと言えばそれまでですよね。

なので、自分が良いと思う物件を、地道に探すしかありません。

築年数によっては、設備のリフォームが必要

中古住宅は、築年数によっては、設備にボロが出始める物があるので、住む前にリフォームが必要な場合や、住んでからすぐに壊れるものも出てきます。

実際、私の家も、トイレやエコキュートなどは、5年を過ぎたあたりから、不具合が出始めました。

私の経験上、住み始めてから、故障しやすい設備に関しては、下記の記事でまとめていますので、読んでみて下さい。

住み始めてから故障しやすい住宅設備を知っておこう
住宅設備の多くは、家電と同じ機械ものなので、中には当たり外れもありますし、消耗部品も多くあるので、10年も住めば所々不具合が...

新築でも建売住宅であれば、注文住宅よりも安くは買えるが・・・

同じ新築でも、建売住宅であれば、注文住宅に比べて、安く購入する事はできますが、建売も間取りや設備はほぼある程度決まっているので、私なら建売住宅を購入するのなら、更に安く買うことができる、中古住宅を購入すると思います。

まとめ

いざ、マイホームの計画を立て始めて、色んな住宅展示場などを見学していくと、マイホーム=新築(注文住宅)にしか頭に入らなくなり、周りの意見も中々受け入れられなくなってしまいがちではないでしょうか?

実際に家を建てた多くの方が、後々圧し掛かる住宅ローンの返済に頭を抱えているのが実情です。

新築だけに捉われている方も、一旦冷静になって、自分は何の目的で家を購入するのか?を考えて見ては如何でしょうか?

新築ではなくても、自分にあったお気に入り物件であれば、中古住宅でもきっと幸せになれると思いますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする