シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンはネット銀行がおすすめな3つの理由

スポンサーリンク

住宅ローン-ネット銀行

私が住宅ローンを組んだ2006年頃は、まだ今ほどネット銀行が多くはなく、所謂店舗型の銀行が主流でした。

なので、私も勤務先と取引のある地方銀行で35年ローンを組みましたが、今では住宅ローンを扱うネット銀行がかなり増えたので、羨ましい限りです。

今回は、住宅ローンを組むのであれば、ネット銀行にした方が良い3つの理由についてお話しします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネット銀行の住宅ローンがおすすめな3つの理由

それでは、ネット銀行の住宅ローンの特徴を順に説明します。

圧倒的な超低金利

ネット銀行が超低金利といっても、みずほや三菱UFJなどの所謂メガバンクも、かなりの低金利なので、ここで比較にするのは、地方銀行とします。

私が住む日本海側の大手地方銀行のひとつである、北陸銀行の2017年9月の住宅ローン金利と、ソニー銀行と住信SBIネット銀行で、各種金利の最優遇金利を比較してみました。

北陸銀行 ソニー銀行 住信SBI
ネット銀行
楽天銀行
変動金利 0.975% 0.549% 0.494% 0.507%
固定5年 1.00% 0.820% 0.51% 0.918%
固定10年 1.15% 0.863% 0.69%  1.077%
フラット35 1.130% 0.78%
フラット35S
0.78%
フラット35S

※フラット35は返済期間が21年以上で、融資率が9割以下の適用金利

見ての通り、いずれのネット銀行も北陸銀行よりも、金利が低い事がわかります。

保証料が無料

例えば北陸銀行だと、返済期間35年で1,000万円借りた場合は、252,210円の保証料が発生しますが、ソニー銀行や住信SBIネット銀行などの、ネット専業銀行だと、保証料は発生しません。

繰上げ返済手数料が無料

一般的な銀行の住宅ローンの場合、繰上げ返済をすると数万円の手数料が発生しますが、ネット専業銀行の住宅ローンは、手数料が無料の所が多いです。

ネット銀行のデメリット

メリットを挙げましたが、もちろんデメリットもあります。

主なデメリットは以下の通りです。

  • 審査が厳しい
  • 担当者と対面でやりとりができない
  • 窓口対応がないので、手続きが少し面倒
  • ローンの滞納にはシビア

そして、もう一つ注意する点は、事務取引手数料がいくら掛かるのか?です。

例えば、住信SBIネット銀行は、金利も低水準で保証料も無料ですが、事務取引手数料が融資金額の2%+消費税額がかかります。

仮に、2,000万円の融資を受けたとすると、消費税を合わせると432,000円かかる事になります。

従って、金利と保証料だけで判断するのは注意が必要です。

おすすめの住宅ローン3選

それでは、金利や事務手数料などの観点から、おすすめ住宅ローンを紹介します。

楽天銀行

まず最初に紹介するのは、楽天銀行の住宅ローン、フラット35です。

フラット35と言えば、ARUHI(旧SBIモーゲージ)が有名ですが、事務手数料はARUHIが「融資金額 x2.0%」なのに対し、楽天銀行は「融資金額 x1.08%」とARUHI よりも事務手数料が安いのが、最大の魅力です。

金利に関しては、両社さほど違いはないので、どうせ選ぶのなら事務取扱手数料が安い楽天銀行の方がおすすめです!

新生銀行

新生銀行の住宅ローンは、他のネット銀行と同様に金利が低い事もさることながら、保証料・団信保険料・繰上げ返済手数料なども無料となっております。

そして、事務手数料も安心パックで10万8,000円、安心パックWでも162,000円と、低水準な点も大変魅力です。

また、他のネット専業銀行とは違い、店舗営業もしているので、対面での相談も可能です。

その他に、ファミマなどのコンビニATMの入出金手数料がいつでも無料なので、キャッシュカードを持つだけでも、大変便利ですよ。

管理人が一番おすすめする住宅ローンのひとつです!

ソニー銀行

ソニー銀行の住宅ローンは、変動金利では業界でも最低水準とも言われる「変動セレクト住宅ローン」と、通常の「住宅ローン」の2種類がありますが、ここでは通常の「住宅ローン」をおすすめします。

ソニー銀行の住宅ローンも、新生銀行と同じく、保証料・団信保険料・繰上げ返済手数料が無料となっていますが、一番の魅力は事務取扱手数料が安い事です。

変動セレクタ住宅ローンは、変動金利の金利こそ低いですが、事務取扱手数料は融資金額の2.16%とやや高めとなっています。

それに対し、通常の住宅ローンの事務取扱手数料は、一律43,200円(税込)と、他のネット銀行などと比較しても、低水準となっています。

金利面など総合的に見ても、大変おすすめできる住宅ローンとなっています。

まとめ

  • ネット専業銀行の住宅ローンは、地方銀行の住宅ローンと比べると圧倒的に金利が低い
  • 保証料や繰上げ返済手数料、団信保険料などが無料
  • ただし、審査は結構厳しい
  • 窓口対応がないので、対応については少々不安
  • 金利と保証料だけを見ず、事務取扱手数料にも注意する事

金利が低い分、審査は結構厳しいですが条件が合う方なら、ネット銀行は絶対におすすめだと思いますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする