シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戸建て(マンション)を購入か?それとも賃貸か?まずは将来設計から始めよう!

スポンサーリンク

戸建てか賃貸か

前回は、新築か?中古住宅か?について、お話ししましたが、今回はそもそも戸建て(マンション)を購入すべきか?それとも賃貸か?についてお話ししたいと思います。

これからマイホームの購入を考えている方には、少し水を差す話になるかもしれませんが、後々の事を楽観視したままマイホームを購入しても、厳しい未来が待ち受けていると思いますので、ここで一旦現実を見つめ直す意味でも、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ多くの中古物件が売りに出されているのか?

戸建ての購入と、賃貸住まいのメリット・デメリットを話す前に皆さんは、なぜ巷には多くの中古物件が売りに出されているのか、考えてみた事はありますか?

私は仕事柄、車で住宅街に行くことが多いですが、中古物件を良く見かけます。

中には、築年数がそれほど経っていないと思われる物件も、ちらほらと見ます。

フリーペーパーの中古物件情報でも多く紹介されていると思います。

中古物件があるという事は、何かしらの事情でマイホームを手放した人が存在する事を意味します。

会社の業績が悪くなり給与が減ったため、ローンが返せなくなった。
離婚をした。
子供の進学で、家計が苦しくなった等、マイホームを手放す理由は人それぞれでしょうが、家を購入する当初は考えてもいなかった事が、数年後に起きたため、仕方なく売りに出しざるを得ない人が多いのは確かなのです。

戸建て(マンション)の購入と賃貸住まい、それぞれのメリットとは?

では、戸建てと賃貸住まい、それぞれのメリットとは何でしょうか?

それぞれ列挙してみたいと思います。

戸建てのメリット

戸建てのメリットは、以下の様な点ではないでしょうか。

  • 自分専用の家に住める
  • 不動産を持てる
  • 賃貸住まいに比べて、周りから見られる目が良い

戸建てのメリットは、賃貸住まいにはない点と言えるので、言い方を変えれば賃貸住まいのデメリットとも言えます。

戸建ての最大の特徴は、自分専用の家に住めることに尽きると思います。

アパートの在り来たりな空間ではなく、自分が気に入った空間で過ごせるのは、確かに落ち着きますしね。

不動産を持てる事に関しては、

バブルの頃であれば、土地価格が上昇したら売りに出す、所謂土地転がしという人がいましたが、ご存知の通り近年は土地の価格も下落の一途を辿っているので、マイホームに不動産価値はほとんどありません。

ただし、子供達に不動産を遺してあげられる事に関して、メリットとしてあげました。

賃貸住まいに比べて、周りから見られる目が良いについては、そのままですが、マイホームという事で、多少は見栄を張れるという事ですかね。

賃貸住まいのメリット

対して、賃貸住まいのメリットは、戸建てになかったり戸建ての欠点とも言える点が挙げられます。

  • 生活の変化に適応しやすい
  • 住宅ローンの負担がない
  • 固定資産税と都市計画税を払う必要がない

戸建てに住んでいる者からすると、賃貸住まいのメリットは、今思えばとても魅力的と言えます。

まず、生活の変化に適応しやすい事についてですが、誰も5年後・10年後・20年後先の未来を知る由もありませんよね。

会社の業績が落ち給与が下がった、離婚した、転職をした、近隣住民と揉め事を起こしたなど、何が待ち受けているのか何て分かりませんし。

マイホームを購入してしまうと、大半の方はその土地に永住する事を意味しますので、その後の生活に劇的な変化が起きても、変化に適応し辛くなります。

賃貸住まいであれば、給与が下がったとしても、家賃の安いアパートや団地に引っ越す事ができますし、転職で良い条件の会社が今住んでいる所から離れていても、近くに引っ越す事ができるので、生活の変化に柔軟に対応する事が可能です。

住宅ローンの負担がない事も、賃貸住まいの強みと言えます。

賃貸住まいであれば、住まいを変える事で、月々の家賃も安くする事が可能ですが、住宅ローンに関しては、毎月一定額を支払い続ける必要があります。

万が一、金利が上昇する事でもあれば、返済額が増える可能性さえ秘めています。
※返済終了まで一定の金利で固定されるフラット35がありますが、より低い金利でお金を借りるのであれば、2年固定などを利用する人が多い。

実際に、毎月住宅ローンを返済している身とすれば、住宅ローンがない賃貸住まいは羨ましい限りです。

アパートであれば、固定資産税と都市計画税を支払わなくても良いのも、良いですよね。

税金関係は、土地の評価額などの変化によって、納税額も変わってきますが、我が家は固定資産税と都市計画税を合わせて、毎年約13万円ほど納めています。

毎年、赤札令状のごとく、納税通知書が届くので、家計にはかなり痛いです・・・

銀行でローン相談をすると、世帯年収などを考慮して、月々の返済上限額などを算出してくれますが、これはあくまで住宅ローンの話で合って、固定資産税と都市計画税に関しては、担当者によって話題にすらあげない者もいます。

税金で13万って、結構大きい額なんですがねぇ・・・

戸建て(マンション)の購入と賃貸住まい、それぞれのデメリットとは?

アパート住まいのメリットで、戸建てのデメリットについても、いくつかあげましたが、改めてそれぞれのデメリットについて、考えてみたいと思います。

戸建てのデメリット

私は、家を持つことはリスクだらけだと思っています。

例えば、以下の様な事が考えられます。

  • 長期に渡り住宅ローンを返済していかなければならない
  • 生活環境の変化に適応し辛い
  • ローンの返済中にも起こる、設備故障に対応していかなければならない
  • 住宅ローンを払い終えた頃には、大規模なリフォームが必要になっている場合がある

ここで挙げたデメリットは、いずれもお金に関係してくる事ばかりです。

住宅ローンの返済は、長年住み続けていると、本当に重荷に感じてきます。

これは、生活環境の変化に適応し辛い事にも関係してきますが、住宅ローンさえなければ、今の仕事を辞めて他の会社に転職するのにぃ~、と何度思った事か。

新築と言っても、トイレや給湯器などの設備は、5年を超えた頃から、少しずつ故障し始めます。

もちろん、それらの修理も実費で支払う必要があります。

20年もすれば、外壁は色あせて古臭くなってしまうので、塗装のし直しが必要になってきます。

住み始めてから故障しやすい住宅設備を知っておこう
住宅設備の多くは、家電と同じ機械ものなので、中には当たり外れもありますし、消耗部品も多くあるので、10年も住めば所々不具合が...

そして、住宅ローンを払い終える30年から35年が経過すると、色んな箇所にボロが出ていて、最悪大規模なリフォームが必要になる可能性があります。

折角ローンを払い終えたのに、次はリフォームでローンを組まないといけないのか!?

いまからでもめっちゃ不安になってきます・・・

賃貸住まいのデメリット

戸建てに比べれば、賃貸住まいにはこれと言ったデメリットはないと思います。

敢えて言うならば、下記の事ぐらいでしょうか??

  • 家族構成の変化に応じて、引っ越しが迫られる事がある

子供が大きくなるにつれ、今住んでいるアパートでは狭く感じてしまうため、引っ越しが必要な場合がありますが、それでも、家族構成の変化に柔軟に対応できるので、逆に捉えればメリットにすら感じますね。

将来に何か目標があったり、子供の教育に力を入れたい場合は、無理してまで家を購入すべきではない!

戸建てを購入する事は、金銭的なリスクと、行動範囲を狭めてしまう恐れがあるので、将来仕事で独立したいとか、どこかに移住をしたい、子供の教育費に多く使いたいなど、何か目標を持っている方は、生活の変化に順応しやすい賃貸住まいのままをおすすめします!

家を購入する資金を、子供の教育などに充てた方が賢明だと思います。

まとめ

如何でしたか?

私もそうでしたが、マイホームを計画し、業者を選定して担当者と一緒に間取りや設備を決めていく時期は、とても楽しいものでした。

そして、念願のマイホームが完成し、引っ越しも完了して新居での生活がスタートした頃が、嬉しさのピークに達します。

しかし、住宅ローンの返済や、毎年届く固定資産税などの納税通知書などを見ていると、住み始めた頃の嬉しさは、数年もすればなくなっています。

今の私が、マイホームを計画している段階の当時の自分に合えるとするならば、今回まとめたこの記事を見せ、「マイホームに拘る必要はないよ!」と声を掛けたいです。

これから戸建ての購入を考えている方は、将来を見据えて本当に戸建てが必要なのか?再考してみては如何でしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする